2016/12/21

ベルリンのクリスマスマーケットで起きた事件のトラック運転手


ベルリンのクリスマスマーケットで起きたテロ事件では罪のない多くの人々が犠牲となり負傷しました。クリスマスの直前にこのような恐ろしい事件が起きたことを大変悲しく思います。心からお悔やみ申し上げます。
トラック内で遺体で見つかったポーランド人男性はウカシュ・ウルバンŁukasz Urbanさんという37歳の運転手で、故郷では奥さんとお子さんが待っていたそうです。車を乗っ取られ、傷を負いながらもテロリストの犯行を阻止しようと試み、最後に銃で撃たれて亡くなったそうです。

この事件ですが日本語のネット情報では今のところポーランド人運転手ということのみが流れているため、運転手がテロに加担していたのではないかという誤解が残るのではと気になりました。

本日ポーランドの主要日刊紙Rzeczpospolitaジェチポスポリタのネット版が下記の記事を掲載したので訳してみました。ぜひ読んでみてください。

元記事 

ベルリンでのテロの実行にトラックを使われた37歳のポーランド人トラック運転手は犯人と戦い、トラックが停車してから撃たれたと19日に起きた悲惨な事件を時系列で再現したビルト紙は書いている。
クリスマスマーケットにいた人々に大型トラックが突っ込んだ事件では11人が犠牲となり、48人が負傷。この事件の実行犯はいまだに拘束されていない。
ポーランド人の運転手が〔犯行時〕運転していなかったのは疑いの余地がなく、犯行を妨害しようとし、鋭利な物で傷〔原文複数形〕を負わされた。その後、車が停車してから犯人は運転手を射殺して車から逃走したとビルト紙はニュースを掲載した。
同紙は、ポーランド人運転手は実行犯が何を計画しているのかを知り、おそらく何とか犯行を阻止しようと試みたと掲載。犯行に使用されたトラックを保有する運送会社の社長で被害者のいとこでもあるアリエル・ジュラフスキ氏はすでにその前の段階で、遺体に残された傷から襲撃犯と戦ったのだということがわかると語っていた。