2015/07/21

ワルシャワ歴史地区の光と影

ワルシャワ歴史地区

ワルシャワ歴史地区が世界遺産に登録された条件のひとつが、もともとの旧市街と同じ時代の建築素材が用いられたからと聞いていたのだが、これまでその建築素材がどこから調達されたのかについて落ち着いて考えてみたことは残念ながら一度もなかった。

それが、先日、ひょんなことがきっかけで首都再建の合言葉のもとに敗戦まではドイツ領であったポーランド北部や西部の都市や町(ヴロツワフ、レグニツァ、シフィドニツァ、シチェチン、コウォブジェク、エルブロンク、マルボルク等々)では、歴史的にも価値が高く、しかも戦災も受けることなくまだ十分に使用に耐える建造物を多数解体してレンガ強制供出のノルマを達成していたということを知った。
  
たしかにバルト海沿岸の都市やポーランドの西部や南西部の都市には何となく景観が不自然な旧市街がよくある。石造りの古い建物が並んでいるかと思えば、突然、虫歯の穴のように社会主義的な集合住宅が広場に面した場所にあったり、エルブロンク(下の写真)やコウォブジェクの旧市街には古い建物はほとんどなく、昔風に今の建築素材でモダンにアレンジして建て替えた新しい集合住宅が続いているといったものだ。
  
旧市街の礎となった数多の歴史的建造物からの建築素材はワルシャワに新たな生命を与え、旅情あふれる歴史地区はショパンの時代、いやそれよりももっと昔の時代と変わらないままの美しさで旅人を迎えてくれる。一見しただけでは、再建されたものであるとは知っていてもなかなか実感が伴わない。それほど見事に戦前の姿が復元されているのである。


新しい建物が続くエルブロンクの街並み

中世に築かれたレンガの壁

2015/07/06

ワルシャワ・サスカ・ケンパ地区の美味なイタリアンレストラン




週末、ワルシャワのサスカ・ケンパ地区に遊びに行きました。
サスカ・ケンパは閑静な住宅街の表通りにおしゃれなカフェやレストランが並ぶちょっとスノッブな地区。王宮の周辺や新世界通り界隈と違って観光客はほとんどみかけなく、ポーランド人のカップルや家族連れが週末のぶらり歩きを楽しんでいます。
ツーリストとは違った目線でワルシャワの粋な週末の過ごし方を見てみたいなら一度は立ち寄ってみたいエリアです。

元気いっぱいのちびっ子を3人連れた友人夫婦と一緒に、公園で遊んだ後に、彼らのイチオシのお店Ristorante Porto Massiomoで遅いランチを食べました。
メニューにはもちろん見本の写真などないので、文字を頼りに注文するのですが、出てきたピザを見てビックリ!サイズは直径50センチです。さらにまろやかな4種類のチーズ味のニョッキとシーフードのパスタ。評判のお店らしくランチの時間から少しずれていたも関わらずテラス席は結構混んでいました。 予算は何を食べるかにもよりますが、ワインかビールを入れて一人40~50żłあれば十分。
この直径50センチピザは60zł(日本円で約1900円)で、4人で分けてちょうどじゃないかなと思いました。



Restauracja Porto Massimo 住所 Zwycięzców 32, Warszawa

         http://www.portomassimo.pl/
予約 tel.(22) 119 03 83 (12:00 - 22:00)

Pizza Porto Massimo
mozzarella, pomidorki cherry, mieszanka smażonych ryb - 60 zł
Gnocchi 4 Formaggi
gnocchi, taleggio, gorgonzola, scamorza, parmezan - 30 zł